Ubuntu 18.04の右クリックメニューから「空のドキュメント」を作成する

Ubuntu 16.04ではコンテキストメニューから空のドキュメントを作成することができた。

f:id:sicklylife:20180715231708p:plain

しかしUbuntu 18.04ではそのメニューが無くなっている。

f:id:sicklylife:20180715231742p:plain

なぜ無くなったのかは知らないが、ホームフォルダにあるテンプレートフォルダーに空のフォイルを置くことで、コンテキストメニューに空のファイルを作成するサブメニューを表示させることができる。

アクティビティ画面から端末を起動して、以下のどちらかのコマンドを実行すると、

# フォルダーを英語にしている場合
touch ~/Templates/空のドキュメント 
# フォルダーが日本語のままの場合
touch ~/テンプレート/空のドキュメント

コンテキストメニュー新しいドキュメントという項目が追加され、空のドキュメントを作成できるようになる。

f:id:sicklylife:20180715232143p:plain

Ubuntu 18.04 の Meld (diff ツール) を最新バージョンにアップグレードする

Ubuntu 18.04 の Meld (差分比較ツール) を、バージョン 3.18.0 から現時点での最新バージョンである 3.18.2 にアップグレードできるようにしてみました。Ubuntu 18.10 からのバックポートです。ついでに日本語訳を若干追加しています。

https://launchpad.net/~sicklylife/+archive/ubuntu/ppa

目次

GUI で Meld をアップグレードする

まず以下の deb ファイルをダウンロードし、ダブルクリックでインストールして ppa を追加します。

https://sicklylife.jp/ubuntu/1804/ppa-sicklylife-ppa_0.0.7-0+sicklylife~ppa1_all.debソース

次にアクティビティ画面からソフトウェアの更新を起動して Meld をアップグレードします。

コマンドで Meld をアップグレードする

アクティビティ画面から端末を起動して以下を実行します。

sudo add-apt-repository -y -n ppa:sicklylife/ppa 
sudo apt update 
sudo apt upgrade 

Ubuntu 18.04 の Geany (軽量 IDE) を最新バージョンにアップグレードする

Ubuntu 18.04 の Geany を、バージョン 1.32 から現時点での最新バージョンである 1.33 にアップグレードできるようにしてみました。こちらの ppa からのバックポートです。ついでに日本語訳を若干追加しています。

https://launchpad.net/~sicklylife/+archive/ubuntu/ppa

目次

GUI で Geany をアップグレードする

まず以下の deb ファイルをダウンロードし、ダブルクリックでインストールして ppa を追加します。

https://sicklylife.jp/ubuntu/1804/ppa-sicklylife-ppa_0.0.7-0+sicklylife~ppa1_all.debソース

次にアクティビティ画面からソフトウェアの更新を起動して Geany をアップグレードします。

コマンドで Geany をアップグレードする

アクティビティ画面から端末を起動して以下を実行します。

sudo add-apt-repository -y -n ppa:sicklylife/ppa 
sudo apt update 
sudo apt upgrade 

スクロールバーの表示が乱れるバグについて

Ubuntu 18.04 には Geany のスクロールバーの表示が乱れるバグがあります。どうも標準テーマのバグらしく、テーマを変更するとスクロールバーは正常に表示されるようになります。ちなみに私のお勧めテーマは communitheme です

URL: https://snapcraft.io/communitheme
テーマの適用方法: https://linuxconfig.org/how-to-install-communitheme-on-ubuntu-18-04-bionic-beaver-linux

Ubuntu 18.04 の GnuCash を最新バージョンにアップグレードする

Ubuntu 18.04 の GnuCash を、バージョン 2.6.19 から現時点での最新バージョンである 3.2 にアップグレードできるよう、ppa を作成してみました。ちなみに 18.10 用の GnuCash からのバックポートです。

https://launchpad.net/~sicklylife/+archive/ubuntu/gnucash

目次

GUI で GnuCash をアップグレードする

まず以下の deb ファイルをダウンロードし、ダブルクリックでインストールして ppa を追加します。

https://sicklylife.jp/ubuntu/1804/ppa-sicklylife-gnucash_0.0.1-0+sicklylife~ppa1_all.debソース

次にアクティビティ画面からソフトウェアの更新を起動します。すると部分的なアップグレードを促すウィンドウが表示されるので、部分的なアップグレードボタンをクリックします。

f:id:sicklylife:20180712052651p:plain

部分的なアップグレードの準備が開始されるのでしばらく待つと、Do you want to start the upgrade? と書かれたウィンドウが表示されるので、

f:id:sicklylife:20180712053547p:plain

アップグレードを開始ボタンをクリックします。なお、ダウンロード速度が遅いうえにサイズが 100MB 以上あるファイルをダウンロードするので、非常に時間がかかります (10分以上)。

アップグレードが完了すると今度は Remove obsolete packages? と書かれたウィンドウが表示され、もう使われていないパッケージを削除するかどうか問われるので、Remove ボタンをクリックして削除しておきます。

f:id:sicklylife:20180712054544p:plain

最後に Upgrade complete と書かれたウィンドウの 閉じる ボタンをクリックすれば GnuCash のアップグレードは完了です。

f:id:sicklylife:20180712054243p:plain

コマンドで GnuCash をアップグレードする

アクティビティ画面から端末を起動して以下を実行します。

sudo add-apt-repository -n -y ppa:sicklylife/gnucash 
sudo apt update 
sudo apt dist-upgrade -y 
sudo apt autoremove 

元に戻す場合

ppa-purge コマンドで ppa を除去します。

sudo apt install ppa-purge 
sudo ppa-purge ppa:sicklylife/gnucash 

Ubuntu 18.04 で自動アップデート/アップグレードの設定を変更していると、ソフトウェアの更新を実行した際にダイアログが表示される場合がある

Ubuntu 18.04 はセキュリティアップデートを自動的にインストールするようになっているが、ソフトウェアとアップデートアップデートタブで、セキュリティアップデートがあるときダウンロードとインストールを自動的に行うからすぐに表示などに変更している状態で、

f:id:sicklylife:20180712044554p:plain

アクティビティ画面からソフトウェアの更新を起動して unattended-upgrades をアップグレードした場合、unattended-upgrades を設定していますというダイアログが表示されるので、

f:id:sicklylife:20180712050102p:plain

変更された設定ファイル 20auto-upgrades について何を行いたいですか? の下にあるプルダウンメニューでパッケージメンテナのバージョンをインストールが選択されていることを確認し、ヘッダーバーの Next ボタンをクリックする。

Ubuntu 18.04 に Nomacs (画像ビューアー) のより新しいバージョンをインストールする

Ubuntu 18.04 のリポジトリにある Nomacs のバージョンは 3.8.0 なので、より新しい 3.8.1Debian から拝借して ppa にアップロードしてみた。ついでに日本語訳も現時点での最新版に更新済み。

目次

GUI で Nomacs をアップグレードする場合

まず以下のdebファイルをダウンロードし、ダブルクリックしてインストールする。

次にアクティビティ画面からソフトウェアの更新 (Software Updater) を起動して更新する。

Nomacs をまだインストールしていない場合は Ubuntuソフトウェア から Nomacs をインストールする。

コマンド で Nomacs をアップグレードする場合

アクティビティ画面から端末を起動して以下のコマンド実行する。

sudo add-apt-repository -y -n ppa:sicklylife/ppa && sudo apt update && sudo apt upgrade -y 

Nomacs をまだインストールしていない場合は以下を実行してNomacs をインストールする。

sudo apt install nomacs 

メニューのスクリーンショット

アップグレード前は、

f:id:sicklylife:20180710204743p:plain

このようにメニューが英語のままになっているのだが、ppa を追加してアップグレードすると、

f:id:sicklylife:20180710204821p:plain

こんな風に日本語化される。ちなみに Nomacs のメニューバーの ? > 翻訳を更新 を実行しても、Ubuntu では更新されないっぽい。

余談

次期 Ubuntu 18.10 用の Nomacs は 3.10.1 になっているようなので、そのうち動作確認して 18.04 にバックポートするかも?というか公式の ppa を更新してくれたらなぁと思(ry

Ubuntu 18.04 で Firefox をアップデートしたらメニューが英語になってしまった件

UbuntuFirefox 61.0 がやってきた。

https://launchpad.net/ubuntu/+source/firefox

ので早速アップデートしてみたら、なぜか UI が英語になってしまった。

f:id:sicklylife:20180706181459p:plain

アドオンマネージャーで言語パックを確認してみると Japanese Language Pack could not be verified for use in Firefox. Proceed with caution. などと表示されていて何じゃこりゃ状態。

f:id:sicklylife:20180706181750p:plain

とりあえず about:config を弄ってみたり、Japanese Language Pack をインストールしたりしてみたが改善せず、仕方がないので Firefox の設定の一部を初期化することにした。

Firefox のメニューバーの Help をクリック、Troubleshooting Information をクリック、

f:id:sicklylife:20180706181906p:plain

表示された about:support ページの右側にある Give Firefox a tune up の下にある Refresh Firefox... ボタンをクリックしてしばらく待つと、

f:id:sicklylife:20180706181954p:plain

何かダイアログが表示された後、自動的に Firefox が再起動してメニューが無事に日本語化された。

f:id:sicklylife:20180706182012p:plain

このリフレッシュ機能を使うと変更した設定や追加したアドオンは初期化されるが、履歴はそのままで、開いていたタブも復元できるので便利。しかし言語パックはまだ何かエラーが出ている様子。

f:id:sicklylife:20180706182102p:plain

まぁ日本語化はできたので良しとしておく。