読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ubuntu 16.04 LTSでIPv6を無効にする

Ubuntu バグ・不具合

バグなのか何なのかよく分からんのだけれども、たまにネットに繋がらなくなる事があり、どこかでIPv6を無効にするとネット接続が安定するとかいう事を読んだような気がしたので、IPv6を無効化してみた。
端末で以下のコマンドを実行するとIPv6が無効になる。

echo 'net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1' | sudo tee -a /etc/sysctl.conf 
echo 'net.ipv6.conf.default.disable_ipv6 = 1' | sudo tee -a /etc/sysctl.conf 
sudo sysctl -p 
sudo sh -c 'printf "#!/bin/sh\nsysctl -p\nexit 0\n" > /etc/init.d/sysctlp' 
sudo chmod +x /etc/init.d/sysctlp 
sudo update-rc.d sysctlp defaults 

上3つのコマンドでIPv6は無効になるのだが、Ubuntuを再起動すると元に戻ってしまうので /etc/init.d 以下にsysctlコマンドを実行するファイルを置いて、Ubuntu起動時にsysctlコマンドが実行されるようにしてみた。
これでしばらく様子見。
元の設定に戻す場合はこうする。

sudo sed -i '/net.ipv6.conf.all.disable_ipv6/d' /etc/sysctl.conf 
sudo sed -i '/net.ipv6.conf.default.disable_ipv6/d' /etc/sysctl.conf 
sudo update-rc.d sysctlp remove 
sudo rm /etc/init.d/sysctlp