Firefoxのppaを分割した件

以前の記事で、

1つのppaに16.04用と17.10用のパッチ適用済みFirefoxをアップロードした所、容量不足で新規アップロードができなくなりました。
/(^o^)\

ので新しいppaを作成してそっちに最新バージョンをアップロードしました。

16.04用

17.10用

ppaの容量は2GBなのですが、17.10用のFirefoxをアップしたらソースとバイナリの合計で1.4GiBだそうです…

以前のppaも今あるバイナリを一旦削除して、容量が空いたら最新版をコピーして、しばらくは維持します。18.04が出る頃には廃止すると思いますが。

UbuntuのFirefox 57でマウスジェスチャーアドオンを利用する方法

※2017年11月18日〜19日、ちょっと書き直し。
※2017年11月16日、ppaの容量が一杯になったため、ppaを分割しました。
※2017年11月12日、下記のパッチを適用するとFoxy GesturesだけでなくGesturefyというマウスジェスチャー拡張機能Linuxで動作するようになるようです。

目次

はじめに

今月14日にリリースされたFirefox 57から、Firefoxのメジャーなマウスジェスチャー拡張機能であるFireGesturesが使えなくなりました。

FireGesturesの代替拡張機能であるGesturefyFoxy Gesturesは、残念なことにMacLinuxFirefoxでは正常に動作しない状態になっています。

LinuxのFirefoxでマウスジェスチャーアドオンを正常に動作させるパッチは存在するものの、公式のFirefoxにもUbuntuが配布しているFirefoxにもまだ取り込まれていません。

現状ではUbuntuFirefoxマウスジェスチャーを利用するには自分でFirefoxにパッチを当ててビルドし直す必要があるのですが、Firefoxのビルドは手間と時間がかかるため、ppaにパッチを適用済みのFirefoxをアップロードしました。

このppaを導入することで、Firefoxを自力でビルドし直すことなくマウスジェスチャーを利用できるようになります。

対象はUbuntu 16.04とUbuntu 17.10です。

パッチを適用したFirefoxのインストール方法

Firefoxを起動している場合は一旦終了してから、端末を起動して以下のコマンドを実行してください。

Ubuntu 16.04の場合

sudo add-apt-repository -y ppa:sicklylife/firefox-gestures-xenial 
sudo apt update 
sudo apt upgrade 

Ubuntu 17.10の場合

sudo add-apt-repository -y ppa:sicklylife/firefox-gestures-artful 
sudo apt update 
sudo apt upgrade 

Firefoxの設定

Firefoxを起動し、アドレスバーにabout:configと入力してEnter、危険性を承知の上で使用するをクリック、

f:id:sicklylife:20171110234618p:plain

検索欄にonreleaseと入力して、表示されたinput.contextMmenu.onReleaseをダブルクリックして値をtrueにします。

f:id:sicklylife:20171110234808p:plain

これでFirefoxコンテキストメニュー(右クリックメニュー)が、マウスボタンを離した時に表示されるようになり、マウスジェスチャーが正常に動作するようになります。

Gesturefyを利用する

Firefoxで以下のページにアクセスしてFirefox へ追加をクリック、

追加したらFirefoxツールバーアドオン拡張機能Gesturefy設定で設定を行います。

ジェスチャーのマウスボタンの設定の所に On Linux and MacOS the right mouse button is currently not working. と書かれてあるものの、上述のパッチを当てたFirefoxをインストールしている場合は問題なく動作します。

f:id:sicklylife:20171119062412j:plain

各設定は日本語化されています。

Foxy Gesturesを利用する

Firefoxで以下のページにアクセスしてFirefox へ追加をクリック、

追加したらFirefoxツールバーアドオン拡張機能Foxy Gestures設定で設定を行います。ジェスチャーの変更はBuilt-in Commandsタブで行うことが出来ます。

f:id:sicklylife:20171110235324p:plain

Firefoxを元のバージョンに戻すには

Firefoxをパッチを当てていない元のバージョンに戻す場合はppa-purgeを使用して下さい。

sudo apt install ppa-purge 
sudo ppa-purge ppa:sicklylife/firefox-gestures-xenial 
sudo ppa-purge ppa:sicklylife/firefox-gestures-artful 

qpdfviewを日本語化してみた

タブ型PDFビューアーのqpdfviewを日本語化してppaにアップロードしてみた。Ubuntu 16.04と17.10用。

sudo add-apt-repository ppa:sicklylife/ppa 
sudo apt-get update 
sudo apt install qpdfview 

Ubuntu 17.10の天気アプリを日本語化する

↑この記事の続き。

Ubuntu 17.10の天気アプリは日本語化されていないので日本語化してみた。
端末で以下を実行。

sudo add-apt-repository ppa:sicklylife/libgweather-ja 
sudo apt update 
sudo apt upgrade 

その後ログインし直すか、Alt + F2rEnterキーGNOME Shellを再起動すると日本語化される。

f:id:sicklylife:20171104232045j:plain
f:id:sicklylife:20171104232053j:plain

余談。天気アプリ自体(gnome-weather)や利用しているライブラリ(libgweather)は一応日本語化されているのだが、gnome-weatherとlibgweatherとのやり取りでロケールを考慮していない感じ?言語ファイル弄っても日本語化されないのでlibgweatherのソースを弄る形で無理やり日本語化した。ソース弄ると不具合出るかもしれないから極力弄りたくないのだけれども…

関連:https://launchpad.net/~sicklylife/+archive/ubuntu/libgweather-ja

MacとLinuxのFirefox 57ではマウスジェスチャーを利用できなくなる可能性

※2017年11月17日、Mac用のパッチが投稿されたようです。
※2017年11月11日、LinuxFirefox 57では一応GesturefyとFoxy Gesturesが使えるようになりました。


今月14日にFirefox 57が公開予定ということで開発版を試用してみているのだが、どうもFirefox 57ではマウスジェスチャー拡張機能が動作しないかもしれない様子。

Windowsでは右クリックメニューはマウスボタンを離した時に表示されるが、LinuxMacではマウスボタンを押した時に表示されるので、その違いによってマウスジェスチャーが動作しないという事らしい?

メジャーな拡張機能であるFireGesturesは、LinuxMacでもボタンを離した時に右クリックメニューを表示するようにして動作していたが、今の所WebExtensionsではその機能は利用できず、パッチは存在するもののFirefox 57に取り込まれるかどうかはまだ不明っぽいFirefox 57には間に合いませんでした。

Ubuntu 17.10のカレンダーの下に天気を表示する

※2017年11月6日、少し修正。
※2017年11月4日、日本語化について追記。

Ubuntu 17.10のトップバーにある時計をクリックするとカレンダーが表示されるが、Weatherというアプリをインストールするとカレンダーの下に天気を表示することができる。

Dockの「ソフトウェア」を起動してweatherまたは天気で検索すると該当アプリが表示されるので、クリックしてインストールする。

f:id:sicklylife:20171101191801j:plain

コマンドでインストールする場合は以下を実行する。

sudo apt install gnome-weather 

インストールしたらログインし直すか、Alt + F2rEnterキーGNOME Shellを再起動する。

トップバーの時計をクリックすると場所を選択する...と表示されているので、そこをクリック、

f:id:sicklylife:20171101192032j:plain

ウィンドウが表示されるので都市名をローマ字で入力、

f:id:sicklylife:20171101192132j:plain

例えばtokyoと入力すると東京,日本というポップアップが表示されるのでそれをクリックすると、東京の天気が表示されるようになる。

f:id:sicklylife:20171101192303j:plain

また、そこをクリックするとウィンドウが開き、5日後までの天気予報が表示される。

f:id:sicklylife:20171101192637j:plain

そのままだとリモートホストによっては全然違う場所の天気が表示される場合があるので、天気アプリのヘッダーバーの場所をクリック、自動位置検出をクリックしてオフにしておく。

デフォルトの状態だと日本語化されておらず英語で表示される。日本語化する場合はppaを追加する必要がある。
端末で以下を実行する。

sudo add-apt-repository ppa:sicklylife/libgweather-ja 
sudo apt update 
sudo apt upgrade 

その後ログインし直すか、Alt + F2rEnterキーGNOME Shellを再起動すると日本語化される。

f:id:sicklylife:20171104232045j:plain
f:id:sicklylife:20171104232053j:plain

関連:Ubuntu 17.10の天気アプリを日本語化する - Sickly Life Blog

Ubuntu 17.10のソフトウェア(gnome-software)には検索結果が表示されないバグがある

私の環境では、Ubuntu 17.10のソフトウェア(gnome-software)でアプリケーションをインストールするために検索を行うと、高確率で検索結果が表示されない現象に遭遇する。

f:id:sicklylife:20171028082423g:plain

このスクリーンショットのように、ウィンドウの端をドラッグしてウィンドウサイズを変えるか、タイトルバーのボタンをクリックしてウィンドウを最小化/最大化すると、ソフトウェアのウィンドウを閉じるまで正常に表示されるようになるっぽい。

何ともまぁ初見殺しなバグだと思う。