Ubuntu 18.04 の日本語フォント (Noto Sans CJK) をアップグレードする

先月 Adobe の源ノ角ゴシック (Source Han Sans) と Google の Noto Sans CJK が久しぶりに更新されました。

ので、PPA にアップロードしてみました。

目次

PPA を追加して Noto Sans CJK をアップグレードする

アクティビティ画面から端末を起動して以下のコマンドを実行します。

sudo add-apt-repository ppa:sicklylife/fonts-noto-cjk 
sudo apt dist-upgrade 

インストール中にフォントキャッシュが更新されるため、CPU 使用率が上昇したり、画面が一時的にフリーズしたりするかもしれません。また、ファイルサイズが大きい (180MB 以上ある) ため、ダウンロードに時間がかかります。ご注意ください。

注意点

旧バージョンの Noto フォントは Regular ウェイトと Bold ウェイトが別れていたのですが、

f:id:sicklylife:20181210211856p:plain
Noto Sans CJK JP バージョン 1.004

新バージョンの Noto はそれら2つのウェイトが統合されています。

f:id:sicklylife:20181210212013p:plain
Noto Sans CJK JP バージョン 2.000

例えば LibreOffice Writer で Bold ウェイトを利用したい場合は、ツールバーの太字ボタンを使用すると、文字が太字になります。

f:id:sicklylife:20181210212246p:plain