Ubuntu 18.04のトップバーの時計の : の幅を細くする

※2018年5月18日、ドキュメントビューアー (evince) が起動しなくなる不具合を修正。
※2018年5月13日、css で Roboto を指定しているサイト (gigazine.net など) で数字の表示が変になる不具合を修正。

Ubuntu 18.04のトップバーやロック画面に表示される時計の : の幅が太いというか広いというか、

f:id:sicklylife:20180331202522j:plain
f:id:sicklylife:20180331202651j:plain

↑これらのスクリーンショットのようになっている。これはUbuntu 18.04から日本語フォントのデフォルトがNoto Sans CJK JPに変更されたのが原因なのだけれども、個人的に違和感が凄いというか、ちょっと何だか微妙だなぁと思っちゃったりしたので何とかしてみた。

以下のdebファイルをダウンロードし、ダブルクリックしてインストールする。

コマンドを使う場合は以下を実行する。

sudo echo && wget https://sicklylife.jp/ubuntu/1804/change-topbar-colon_0.0.17-0+sicklylife~ppa1_all.deb && sudo apt install -y ./change-topbar-colon_0.0.17-0+sicklylife~ppa1_all.deb && rm change-topbar-colon_0.0.17-0+sicklylife~ppa1_all.deb 

debファイルのソースはこちら

その後、Ubuntuを再起動すると、

f:id:sicklylife:20180331203534j:plain
f:id:sicklylife:20180331203548j:plain

こんな風に : の幅が狭くなる。

元に戻す場合はchange-topbar-colonをアンインストールする。

sudo apt remove change-topbar-colon 

ちなみにこのdebファイルをインストールすると、表示できるカラー絵文字の数も増える。カラー絵文字に関しては後日記事を書く予定。