Ubuntu 17.04以降のGNOME Shellでトップバーのアイコンがピクピク動くのを何とかする

以前、こんな記事を書いた。

↑これとはまたちょっと違う問題なのだが、Ubuntu 17.10で日本語入力を切り替えるとトップバーのアイコンがちょっとだけ動く。

f:id:sicklylife:20170814193926g:plain

↑こんな風にほんのちょびっとだけ動いている。Ubuntu 16.10の時はfcitxの仕様変更によるものだったが、17.10ではfcitxではなくibusを使用している。17.04でもibusを使うと同じように動く。この挙動はどうもテーマのフォント指定の問題のようなのだが、GNOME Shellのデフォルトのテーマをどう弄ったらいいのか分からなかったので、GNOME-LOOKで公開されているテーマを弄ってインストールすることにした。

まず、以下のファイルをダウンロードし、ダブルクリックしてインストールする。

コマンドを使う場合は以下のようにppaを追加してインストールする。

sudo add-apt-repository ppa:sicklylife/ppa 
sudo apt-get update 
sudo apt install united-slc-theme 

次に以下のページにアクセスして拡張機能がインストールされていることを確認する。

Tweak Tool (gnome-tweak-tool)を起動して外観 → GNOME Shell テーマをUnited-SLCという名前になっているものに変更する。ついでに端末で、

gsettings set org.gnome.desktop.wm.keybindings switch-input-source "['']" 
gsettings set org.gnome.desktop.wm.keybindings switch-input-source-backward  "['']" 

と実行して Super + スペースキーでのインプットメソッドの切り替えを無効にしておく(Mozcからjaに切り換えるとログアウトするまでアイコンが動くようになってしまうため)。

これで一応日本語入力を切り替えてもアイコンが動くことはなくなる。

元にしたテーマはUnited GNOMEで、パッケージの作成にはNoobsLabのppaを参考にしました。

ちなみにテーマをarc-themeなどに変更してもアイコンは動かなくなる。が、arc-themeは青系のテーマでUbuntu標準のテーマであるAmbianceとはちょっと相性が悪いので自作しました。本当はUnited GNOMEをそのまま使えたら良かったのだけれども、United GNOMEGNOME ShellテーマにはAlt + Tabの表示などに不具合があったのでちょっと弄る羽目に…