読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ubuntu 16.10でxkbを使ってキー配置を変更した

Ubuntu Linux用ソフト

※2016年11月27日、ちょっと修正。

標準設定(fcitx-mozc)の場合

まず端末で、

gsettings set org.gnome.settings-daemon.plugins.keyboard active false 

と実行した後、

のページのように設定すればOK。

IBusibus-mozc)の場合

ibusの場合、fcitxの時よりもやらなければいけない事が増える。
例えば、

のページのようにibus-mozcをインストールし、

のページのように設定を行った場合、

sudo cp -i ~/.xkb/symbols/* /usr/share/X11/xkb/symbols/ 

といった感じで設定ファイルをコピーし、

echo 'mykbd:mymenu = +addmenukey(mymenu)' | sudo tee -a /usr/share/X11/xkb/rules/evdev 

のように evdevファイル の末尾に一行追加した上で、

gsettings set org.gnome.desktop.input-sources xkb-options "['mykbd:mymenu']" 

といった感じにxkbの設定を変更した後、一旦ログアウトしてログインし直すと設定が反映される。